ローン

信販会社とは

信販会社とは、割賦販売法で規定される割賦購入凱旋業者登録をした法人のうち、電機メーカー系クレジット会社、自動車メーカー系販売金融会社、流通系クレジット会社、銀行系クレジット会社を除いたものをいいます。

つまり、割賦販売法による創造割賦購入凱旋業者のことであり、消費者と小売店の間に入って割賦による取引を主な業務にしている会社のことです。

信販会社は、割賦販売法による消費者信用市場のうち、販売信用を主業務とする会社です。但し、発行するクレジットカードで消費者ローンも利用できることから、信用供与残高のうち20%ほどは消費者ローンによる取り扱いとなっています。

消費者ローン

信販会社が取り扱う消費者ローンでは、有担保融資と無担保融資がありますが、無担保融資では以下のような金融商品があります。

  • カードローン
  • 目的ローン
  • カスタマーズローン
  • 奨学ローン

こういった金融商品は、クレジットカードとは別に消費者が信販会社に借入申し込みを行い、信用調査の後、承認された顧客に対して融資が実行される仕組みです。

通常、最大限度額が100万円〜300万円に設定され、返済は最長120回までの分割払い、またはリボルビング払いで行われます。

割賦販売の歴史

割賦販売は昭和の初期に時代、月賦販売と呼称されており、戦後の復興に際して企業や個人のビジネスを側面から支援する目的で、銀行以外に割賦販売を行う会社が設立されていきました。

1950年代には、信販会社の代名詞ともいえる日本信販とオリエントコーポレーション、ジャックスなどが設立されました。

そして、昭和40年代になると高度経済成長の追い風で日本の消費が活発になったことで、大手百貨店などが自社で使えるカードを発行し、更には日本信販などもクレジットカードへと参入していったのです。

ご利用ガイド