ローン

商工ローンとは

一昔前、厳しい取り立て行為や、支払いが出来なくなって自己破産する借り手が急増したことで有名となった商工ローンですが、現在ではそのなりを潜めていますが、まだまだ水面下で潜行して業態を保っています。商工ローンとは自営業者などの中小以下の事業者に対して、無担保を融資をする金融業者の総称です。

通常、銀行などの金融業者が事業者へ融資を行う場合、何らかの担保を要求するのに対して、商工ローンは無担保での融資というところが特徴です。したがって、何の担保もない個人事業者たちがこういった商工ローンに走ったことも納得いきます。

保証人を要求

もっとも一括りに商工ローンといっても金融業者によって内容が相違するので、どれも同じというわけではありません。たとえば、無担保である代償として保証人を要求するところもありますし、更には連帯保証人を義務化している会社もあります。

一連のマスコミ報道によって、商工ローンは悪の権化と見なされることとなってしまいましたが、これは商工ローンに問題があるのではなく、一部の問題がある金融業者が過大な融資を行っていたことに問題があります。その結果、支払いが出来なくなって破産する事業者が増えてしまったのです。

融資制度

根保証契約

また、その他の問題点として、根保証契約を締結したものの、保証人が総債務額を把握できなくなって、その結果、総債務の支払いを引き受けざるを得なくなったのです。

根保証といったシステム自体を知らない人が多く、多大な債務を背負うことに帰結したのです。その結果、商工ローン問題は国会議員を動かして貸金業規制法の改正や、出資法金利の引き下げに帰結したのです。

ご利用ガイド