絶対借りれるカードローン一覧

確実に借りるためには

確実にカードローンの審査に通るためには、審査基準の甘いカードローンを選べばそれだけ審査を通過する確率が高くなりますが、あまりにも審査の甘さのみに拘ってしまうと、ヤミ金融といった違法業者に当たってしまう危険性があります。

借入状況

ヤミ金融は、違法業者であることは間違いないのですが彼らは表向きこそ至極真っ当なローン会社を装っているので、うっかり借りてしまった後に気付くというケースもあります。彼らに法律は関係ありませんので、上限金利を上回るような高利でお金を貸して暴利を貪っています。

そんな失敗をしないためにも、貸金業登録をしている正規の金融業者でお金を借りる必要があります。

低金利のカードローンを選ぶ

また、お金が借りれればどこでもいいという訳にはいきません。少しでも有利な金融業者で借りるべきですし、お得な金融サービスが付属しているほうが、何かと便利です。一番重要にするポイントは、まず金利です。

審査基準のゆるいローン会社ほど利息高くなります。通常で法定金利ぎりぎりの18.0%での融資を覚悟しなければならないでしょう。

利息が高ければ高いほど、毎月の支払いが苦しくなってきます。現在の上限金利は18.0%ですが、一番低金利の金融会社で5.0%前後で貸し付けており、大手の銀行系カードローンが該当します。

ただ、この銀行系カードローンは審査が厳しいのが難点で、借入件数が4件以上あったり、収入の少ないパートやアルバイトでは審査に通りません。

審査に通らないわけ

いくら審査基準が緩いといっても、絶対審査に通らない人もいます。そういった人は、どの金融業者をあたってみたところで間違いなく審査で却下されることになります。絶対審査に通らない項目を紹介します。

  • 個人信用情報機関のブラックリストに登録されている
  • 自己破産寸前の債務超過状態
  • 金融業者への支払いの遅延を繰り返している
  • 無職

上記の項目に一つでも接触する人は、どの消費者金融やカードローン会社をあたってみても無駄です。信用度がゼロですので、信用が回復するまで、待つことが重要です。

中堅のローン会社

こういった多重債務者の方は大手よりランク落として、中堅の消費者金融をあたってみましょう。大手よりははるかに審査が甘いはずです。

こういった準大手のローン会社は、大手で借りれない人を対象に融資をしていますので、借入件数が4件以上でも審査に通る場合があります。

0借入件数から選ぶローン会社


主婦キャッシング

主婦の場合、まったく収入のない専業主婦と、パートやアルバイトをして少しでも収入のある主婦とでは、扱いが異なります。まったく収入のない専業主婦の場合は、以前は夫の承諾なしでキャッシングも可能でしたが、総量規制が施行されて以降、夫に内緒では審査に通らなくなりました。

したがって、専業主婦のキャッシングというのは、夫の承諾書を添付した上でなら可能ということです。また、パートやアルバイトなどの収入がある主婦の場合は、単独でもお金を借りることは可能です。

他社からの借入がない限り、大手や準大手でも審査に通るでしょう。但し、収入が少ないので借入限度額は低く設定されてしまいます。設定額は5万円から10万円程度でしょう。

それでも返済実績をつくっていけば次第に限度額も高くなっていきますので、最初は低くても我慢することが重要です。

atm

支払いが苦しくなったら

借入件数が増えてくると金利も増えて毎月の支払いに困窮してきます。そうなってくると、収入では足りなくなってしまい、新たなカードローンで融資を受けて返済に充当する事態に発展してしまいます。こういった行為を自転車操業を言いますが、もはやここまでくると、借金の完済は不可能と考えてよいでしょう。

借金が増えることはあっても、減ることはまず有り得ないからです。どんなに生活費を切り詰めても、利息を支払うのがやっとのような生活は、精神的に疲れてしまいますし、凡そ半年も持たないでしょう。

こういった事態に陥らないためにも、日々の生活を切り詰めて一円でも元金を減らす努力が必要ですし、おまとめローンや借り換え融資といった総量規制対象外ローンを活用して、一本でも借入件数を減らすことが重要です。そして、どうしても支払いが困難になった場合、闇金融などに走らず、債務整理をして楽になりましょう。

司法書士や弁護士といった法律の専門家に相談し、自己破産をすればいとも簡単に借金がクリアとなります。以後は、普通の生活が営めるのです。

審査に通らないわけ

いくら審査基準が緩いといっても、絶対審査に通らない人もいます。そういった人は、どの金融業者をあたってみたところで間違いなく審査で却下されることになります。絶対審査に通らない項目を紹介します。

  • 個人信用情報機関のブラックリストに登録されている
  • 自己破産寸前の債務超過状態
  • 金融業者への支払いの遅延を繰り返している
  • 無職

上記の項目に一つでも接触する人は、どの消費者金融やカードローン会社をあたってみても無駄です。信用度がゼロですので、信用が回復するまで、待つことが重要です。

最終更新日 2017.11.1

カードローンの基礎知識

おススメ金融サイト